月のかけら

ドール写真とオリジナル小説『月のかけら』のブログです。最近はツィッター(@teaca_twi)でも活動中ヾ(°∇°*) オイオイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

台湾なら、格安の邦画ブルーレイディスク

 さぁ、本日で台湾出張が終わりました。正月休みで一度、帰国しましたが、20日間の長期戦でした。これほど長期の出張は2年前の某S社、堺工場以来ですね。たぶん、しばらくは台湾の景色も見納めです。


DSC_0024.jpg


 今回、台湾で宿泊したホテルは、通常5000元ほどします。日本円で1万5千円ほど・・・高いです。でも、会社の契約でなぜか、2000元ぐらいで泊まれます。通常、旅行会社のパッケージツアーなどと同じからくりだとは思いますが、さすがに綺麗です。


DSC_0019.jpg


 さて、本日帰国した訳ですが、昨晩、ちょっと、台湾のDVDショップに寄ってみました。お目当ては邦画ブルーレイディスク(以下、BD)です。BDは通常、リージョンコードと呼ばれる番号が割り振ってあり、他国のBDは再生出来ない仕掛があります。でも、台湾と日本は同じコードが割り振られ、再生が可能です。
 
 洋画も邦画も再生出来るのですが、洋画は安い台湾での購入をされるのを防ぐため、日本語の字幕は入っていません。でも、邦画に関しては、音声は日本語、字幕が中国語なので問題なし(字幕をOFFにすればOK) 価格も日本の半値以下です。 今回は、のだめ映画版 前後編、各880元(2640円) 少林少女 199元(597円)です。
 

DSC_0023.jpg

 
 価格が格安で内容は日本と同じですから、言う事無いですね。ただし、問題があるのが、新作であれば平置きしてパッケージ写真が見える作品はいいのですが、背表紙だけだと、何の作品かわかりにくい。お目当ての作品を探すのが難しい事ですね。

 「少林少女」なら簡単、でも、のだめは「交響情人夢 最終楽章」です。背表紙から、のだめを想像しにくい。なるべく、大きなお店で平置きパッケージが多いを狙った方が、目的の作品を見つけやすい。 日本でも、お手軽に買える値段にしてくれればいいのですけどね。

 日記

- 1 Comments

やよい優  

お帰りなさい♪

やっと、帰国できたんですねe-343
お疲れ様ですっe-466

台湾でBD買うと、安いんですねe-451
ものによっては、お値段だけ見たら、レンタルかと思っちゃいますe-75

ホテルのお部屋、なんだかゴージャスですねe-69
これくらい広ければ、リラックスできそうですe-420

2011/01/13 (Thu) 22:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。