月のかけら

ドール写真とオリジナル小説『月のかけら』のブログです。最近はツィッター(@teaca_twi)でも活動中ヾ(°∇°*) オイオイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

原子力の変わりは?地熱発電

 未だに収束しない福島原子力発電の事故。改めて原子力の難しさを感じる。東電の管理も、政府の管理も問われることだが、自分たちも電気を湯水のように使ってきたことを考えれば、原因の一端であるとも思える。

 原因追及は、まぁ、他の人に任せておいて、原子力の変わりになり得る発電方法はあるのだろうか?
 
 水力は水が少ないと使えない。夏場の水不足もある。風力は風の総量に左右される。火力は今後を考えると、減らすべきだろう。揚水発電は夜の余剰電力を使って、水を高い位置にくみ上げて、昼に水を落として使うが、これも、水力と同様に水に左右される。自然エネルギーを使うには、やはり環境に左右され、安定した電力を発生させられない。
 
 自然エネルギーは無理かと思う・・・でも、以外所で、安定して使えそうな発電方法がある。地熱発電だ。地球の中には、高熱のマグマがあり、地下からは温泉もでる。この地熱の熱エネルギー使って、発電タービンを回せば、燃料いらずで、年中安定、原子力より安全に電気を発電できる。

 いいことづくめでは無いか? と思うが、地熱発電所を作れる場所は、温泉地と重なる。地熱発電を作ることで温泉が出なくなる恐れがある。また、若干だが、自然環境を破壊してしまう。原子力発電と地熱発電どちらも、問題点を抱えるが、今後、十年、二十年先をみた発電方法を考えるには、今が一番良いときだと思える。
 
 原子力を今すぐにはやめられないが、五十年先に原子力を減らす事は出来るだろう(今ある核燃料は数百年冷やさないといけないけど)日本では、原子力に変わるベース電力として、地熱発電が一番適していると思うのだが、今後の政府、電力会社の方々は、どのように考えているのだろうか?

 東日本大地震

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。