月のかけら

ドール写真とオリジナル小説『月のかけら』のブログです。最近はツィッター(@teaca_twi)でも活動中ヾ(°∇°*) オイオイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

ホントに高度な技術? ソニー個人情報流失

 ソニー(SCE:ソニー・コンピュータエンタテインメント)の個人情報流失。こちらも、いろいろな記事を読んでいると人災に近いですよね。 まぁ、アカウントの管理をしていたのは、アメリカの会社の様です。ソニーの発表の中で非常に気になるのが、「不正のアクセスの可能性があるというう情報だった。詳細な検討を加える中で、巧妙な、高度な技術を持った侵入とわかった。特定のデータが流出したのか現在、判定できていない状態だ」と発表をしている。
 
 巧妙な高度な技術を使ったと言っているが、この発言には、かなりの疑問を感じる。今回のハッキングは、既存の機器にあるセキュリティーホールを使った物だ。何が言いたいというと、既存の機器で、一般的にセキュリティホールがあることがわかっており、対応が必要なことがわかっていた訳だ。ソニーでも、このことは確認済みのようで、次のように発言している。

「今回の侵入は、機器の脆弱性を狙われた。一般的には知られていることだったが、把握していなかった。今後は情報収集を徹底する」

 つまり、セキュリティーホールがあることを把握していなかった。使用している機器、ソフトの情報収集をしていなかった訳だ。さらに、セキュリティーホールがあると言うことは、「巧妙な高度な技術」でハッキングされた訳で無い。インターネットにアップされている、セキュリティーホールを破る方法、または、スクリプト、プログラム、ツールを使った方法が用いられた可能もある訳です。つまり、高度な技術では無く、ハッカーなら誰でも出来る、簡単な方法でハッキングされた訳です。
 
 正直、セキュリティーの管理と言えば、数ヶ月ごとに見直す物だと思っていました。使っている機器、ソフトも常に情報を共有する物だと思っています。基本的なことが出来ていないのは、なぜ、何でしょうね。

 IT関係

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。