月のかけら

ドール写真とオリジナル小説『月のかけら』のブログです。最近はツィッター(@teaca_twi)でも活動中ヾ(°∇°*) オイオイ

泥試合に発展?ソニー個人情報流失事件

 ソニーの個人情報流失が発生した日から、そろそろ一ヶ月。 サイトへの攻撃が4月16日頃。 サイトを閉鎖したのが21日。 公表したのが27日。 まず、ハッキリしたいのが、ハッキング行為をした者達が一番の悪だ。 その点を忘れないようにしたい。
 
 この個人情報流失としては、最大規模の事件だろう。 個人情報、クレジットカード番号を含んで大規模な流失だ。今後、個人情報、クレジットカードの使用については、気をつけなければいけないと思う。 でも、個人的には、これだけ規模でのアカウントのハッキングした点で、今後の個人情報、クレジットカードの悪用はなさそうだと考えている。
 
 これだけ、大規模な事件になれば、今後、個人情報、クレジット番号が悪用された時点で、些細な事件でも確実に捜査の手が伸びることになる。悪用するのであれば、大きな事件にならないように、もっと、小さなサイトを狙い。少しのアカウントをハッキングして、ばれないように少額決済を積み重ねる事が一番リスクが少ない。ソニーサイトを狙い、大規模なデータを取り出した時点で、ハッキングする側にも、大きなリスクがあることは、わかっていたはずだ。
 
 それでも、ソニーを狙ったことを考えれば、力試し・・・ではなく、個人情報流失前に起きた事件。PS3のハッキング方法を公開したホッツ氏の提訴、脱獄ツールの販売差し止め、脱獄PS3の強制排除など、ハッカー達を怒らせた事が原因に思える。 もちろん、どちらが悪いと言えば、ハッカー達だろう。ソニーは自社のプラットフォームを守るために対策を打ったにすぎない。(コピーゲームが出回っても困るし、ゲーム開発会社にも悪影響が出る)
 
 来週末の20日でソニーサイトが閉鎖されてから、一ヶ月が過ぎる。 ソニーとハッカー達の対立で、一番迷惑しているのは、善良なゲームユーザーだけであり、誰も得はしていない。 ソニーには、早く事態を収拾してほしいが、今後さらに泥試合に発展しかねない状況が起きている。
 
 誰の指示か不明だが、ハッカー集団「Anonymous」にサイバー攻撃。 500名ほどのアカウント情報を、盗み出すことに成功したようだ。 データはFBIに送られ、捜査に使われるらしい。 今後、どのように事態が進むかわからない。しかし、ハッキング行為が、遊びではすまないと言うことを思い知らされるのか? それとも、再度、報復攻撃が繰り返されるのか、どうなるのだろうか?
 
 今回の事件は、ソニーの一社の問題ではなく。社会ネットワークインフラを揺るがす行為だ。ソニーのセキュリティーが弱いことにも原因がある。でも、世界経済がハッキリとダメージを受けていることを考えれば、しっかり、犯人を捜し出して欲しいと思う。

 IT関係

0 Comments

Leave a comment