月のかけら

ドール写真とオリジナル小説『月のかけら』のブログです。最近はツィッター(@teaca_twi)でも活動中ヾ(°∇°*) オイオイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

映像ショック、『十三人の刺客』

昨日に続き、先週見た映画だ。 今回は邦画作品 『十三人の刺客』
この作品、冒頭からショッキングな映像が次々と襲いかかってくる。 まさに、暴君だなぁ~と思わせるシーンを演じるSMAPの稲垣吾郎。 冷たい表情と感情を表に見せない演技は、なかなか、いい感じだ。 前半は人間の駆け引きを中心に進んでいく、それぞれ俳優の演技がいい味を出してる人ばかりで、ここでこの人かぁ~と思わせる配役ばかりだ。

03.jpg

 
 作品の後半戦は、時代劇の見せ場とも言える、チャンバラシーンが、次々と続いていく。宿場町を丸ごと買い上げて、仕掛ける罠。三百人対十三人の刺客達が、どう戦っていくかが、見せ場になる。 知恵を縛った戦いから、はじまり、戦が進むつれて力押しの乱戦に変わっていく。 十三人の刺客達は、目的の人物を倒せるか? 昨年、注目を集めた作品だけに、興味がある人も多いと思う。
 
 映像表現に過激な点が、多々あるので、手放しにお奨めできるか? と言えば、ちょっと躊躇する。でも、久々の時代劇らしい、作品だ。

 映画

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。