月のかけら

ドール写真とオリジナル小説『月のかけら』のブログです。最近はツィッター(@teaca_twi)でも活動中ヾ(°∇°*) オイオイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

東日本大震災から一年

 さて、本日二回目の更新です。 今日は3月11日、東日本大震災から一年。一年は早いなぁ~と感じる。

 遠い東北の地震でしたが、てぃかの職場にも、地震は伝わってきた。いつもより長い地震だなぁ~と思いつつ、特に被害は出なかった。それでも、一時、災害待避場所へ避難が出ていた。てぃかは、このとき、設計した装置のデータ取りで、クリーンルームにいた。避難指示が聞こえず、避難したのは最後だった。実際に、これではダメなんでしょうね。

 東北の被災した人達に出来ることと言えば、募金ぐらいで、心苦しいこともあります。仕事では、昨年、仙台と福島に何度か行った。地震と津波の爪痕にビックリしたことを覚えている。そして、仕事でつきあいのある人から、聞く震災当時の状況を聞くと、やはり、人ごとではないと感じた。仕事とはいえ、つながりが出来た人、小さな繋がりですが、出来ることは支援したいと思った。それでも、出来たのは、会社で集めた寄付金、支援物資を持って行くことぐらいでしたけど。

 昨日、今日と、テレビの特番を見つつ、自衛隊の活躍にスポットが当たった番組をみた。やっぱり、災害時の自衛隊ほど、頼もしい部隊はないと感じましたよ。 国会で寝ている政治家、スポーツ新聞読んでさぼってる公務員とかは、いらないけど。

 のど元過ぎれば、の言葉にあるように、東日本大震災の教訓は忘れないようにしたい・・・。阪神淡路大震災のときは、もっと身近に感じた災害だけど、やっぱり、15年の時間とともに忘れてた。忘れないうちに、少し出来ることをしておきたい。 あとは、伝えることも大事だと思っています。
 

 日記

- 1 Comments

やよい優  

こんばんは。

今回のような大規模な災害だと、自衛隊のような特殊部隊が頼もしいですね。
公務員も、今回は体を張って住民に避難を呼びかけたりした人も、いました。
サボっているような人と、同じ職業とは思いたくないですね。

去年の震災、私はまだ、忘れていません。
ただ、15年後、覚えているかどうかは、怪しいかも…。
でも、震災に見舞われたときにどう動くか、得た教訓、知識は忘れないようにしたいです。

2012/03/11 (Sun) 22:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。