月のかけら

ドール写真とオリジナル小説『月のかけら』のブログです。最近はツィッター(@teaca_twi)でも活動中ヾ(°∇°*) オイオイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

カメラへのこだわり?

PC040009b600.jpg

 さて、今日は久々にカメラの話です。ご存じの通り、てぃかが、ユキノ達の撮影に使用してるカメラは、ソニーのNEXシリーズです。タイトルにはカメラの『こだわり』って書いてますけど、大きなこだわりは無いです。NEXシリーズも、スペックとか使いやすさとかを確認した訳でもなく、実は、コンデジを買いに行って、型落ちで安かった『一眼レフ(NEX-3)買っちゃった』・・・と、気分的な物でした。このあと、迷いに迷ったユキノをお迎えしてから、ユキノ達を綺麗に撮影したいと、欲求が湧き出して、カメラへのこだわりが増えていく訳です。

PC040019b600.jpg

 でも、相変わらずカメラへの強いこだわりはないですね。正直NEX-5Nのストラップも、カメラ好きな人に言わせると『邪道』だ!!と言われてます(笑) 男なら、メーカーの名前が入ったストラップを使え!!奉仕の心が足りぬ・・・と言われても、SONY、とか、Nikonとか、Canonとか、書かれたストラップに魅力を感じないんですよね。

PC040011b600.jpg

 まぁ、見かけの話はこの辺で、NEX-5Nのカスタム機能の割り振りを紹介したいと思います。まずは、カスタムボタンを押して、即呼び出せる機能は、D-Range、ISO、ホワイトバランス、AFモード、測光モードです。よく変更するのは、D-Rangeの、ISO、ホワイトバランスです。カスタムボタンB(画面のOption)は、ピクチャーエフェクト、ダイヤルキーの右に撮影モード切替を割り付けています。これで、普段の撮影はメニュー画面に降りなくても設定変更が出来ます。それでも、ワンアクションでなく、ツーアクションなのですが、慣れれば苦もなく、パッパッと操作できます。あっ・・・、画面に表示されるヘルプガイドはOFFにしておくのをお勧めします。ヘルプガイドが有効だと、ボタン操作がワンテンポ遅れます。

PC040016b600.jpg

 あと、絞りを開放側(F2.4辺りから)にしているときに、よく使うのがDMF(ダイレクトマニュアルフォーカス)です。

DSC03842b800.jpg

 構図にもよりますが、絞り開放側だと被写体深度が浅いので、ピントがあう範囲が狭い。きちんとピントのあう場所と、ボケ始める場所を制御したい。でも、AFだけに頼ると、ピントが前ピン(狙った場所から前側にピントがきてる状態)とか、後ピンになったりする。上の写真はミルヒちゃんの手前の瞳にピントを持ってきています。ボケが始まるのが、奥側の瞳と、手前の下側の髪の毛辺りから。F2.2でピントがあっている範囲が4cmぐらいです。(F1.8まで開放するとさらに狭くなります)

PC040014b600.jpg

 やはり、開放よりだとピントがあっている場所が狭く、ピントを狙った位置に持って行けないことがある。そこで使うのがDMFです。操作は単純で、いつも通り、シャッター半押しでAF開始~合焦します。

PC040015b600.jpg

 ここで、レンズのフォーカスリング(親指で操作しているリング)を回すと、AFポイントが拡大表示、フォーカスリングでピントを微調整出来ます。これを使えば、ピントはずした!!って事は大きく減ります。ドールの撮影ではかなり重宝する機能です。でも、動く物とか、夜空の月とかは、これでも役不足ですね。AFの遅さは、ミラーレスの欠点と言えば欠点ですけど、今年の新機種は、この辺りを克服する機能アップをしてますね。まぁ、遅いと行っても一眼レフと比較すれば・・・です。

PC040017b600.jpg

 あっ、あと、NEX-3からNEX-5Nに持ち替えて便利になったのは、タッチパネルでAFポイントを選べることです。前は、AFモードを中央重点にしてましたが、今は、マルチポイントにして、好きな場所を選んでピントをあわせてます。カメラを動かさない方が、ホワイトバランスとか、露出が変化しないので、楽ですね。

PC040020b600.jpg

ツキナ『はい、こっちみて!!』


 では、ここからお返事です。

でぃあずさん

 この場所、春先の新緑の季節から狙ってましたからね。新緑の季節も黄緑色の葉っぱの中で、モミジの赤を想像しながら、色々と撮影していました。狙った場所で撮影できたのは、ラッキーでしたね。今年のモミジは10年に一度の鮮やかさらしいですよ。寒さと日差しのバランスが良かったみたいです。


やよい優さん

 魚眼レンズを感じさせない・・・と言うことは、成功ですね。魚眼レンズっぽさを消したつもりです。でも、流末にアップ予定の『梅小路公園、朱雀の庭~水鏡~』編では、魚眼レンズ全開です(笑)

 スマホのアプリ、第四世代チップセット&LTEの通信速度で、また、アプリの世界が変わりそうな予感です。通信速度が光回線と同等。CPU+GPU性能も3年前のエントリークラスのパソコン性能と変わりないですからね。

応援よろしく!クリックで投票
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ

 カメラ

- 3 Comments

リリアスキー  

再びこんばんわです。 連投です。

この時間のコメ投稿後でしたから“まさか”と思ったらビンゴでしたー( ≧▽≦) 

いやー、カメラってこだわれば凄いのは聞いてましたが・・・・てぃかさんの記事見るだけでも凄さが伝わりますね。これよりもカメラに熱心な痛い人達がいるんですねー(お前が言うか)

カメラ素人な私なので、カメラより背景の初音ミクが気になるアホ人間です。イベントのやつですかね。

今日の記事はカメラを買うときの参考にします。私もより可愛くリリアを撮りたいですから(。+・`ω・´)シャキィーン☆

ちなみに、ツキナちゃんの『はい、こっちみて!!』で、カメラではなく、ツキナちゃんをガン見していたのは秘密にしておいて下さい(汗)

2012/12/05 (Wed) 00:32 | REPLY |   

のの  

こんばんは!

昨日はコメントどうもです^^
てぃかさんもツリーの撮影されてましたね
うちも野外撮影の寒さに耐えられず練習用に買っちゃいました
想像以上の難しさで参ってます。

なばなの里は確かに人が多そうで三脚広げて撮れるかどうかわからいですが
単純にイルミを見に行くという観点で出かけてみようとも思ってます。
LED懐中電灯は持っておいたほうがよさそうのなので買ってきます~!

しかし、手持ち撮影ですが上手いですよね~
これはスタンドとか要りませんね!!
自分がやると手振れまくってどうしようもなかったので
ドールスタンドにしたのですが(^^;
最近は昼間でもカメラの方にも三脚使ってます
使わないとやはりブレてしまって、おかげで移動が大変ですw

さてさて、今回の記事大変参考になりました
読んでいてNEXはいい機能(DMF)があるなぁ、pana GX1にもあったらいいなぁ
などと思っていたら、AF+MFという名前で設定がw
よくピントを外していたので次から使ってみたいと思います。
D-Rangeも同等の機能があるのですがどういうときに使うと有効なのでしょうか
カメラの腕もそうですがそもそも自分のカメラを使いこなせてないと実感しました(笑

2012/12/05 (Wed) 21:10 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/12/06 (Thu) 13:00 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。