月のかけら

ドール写真とオリジナル小説『月のかけら』のブログです。最近はツィッター(@teaca_twi)でも活動中ヾ(°∇°*) オイオイ

二つの滝の流れで、双龍淵?

DSC06281c.jpg

 こんばんわぁ~です。今晩も引き続きルリ渓の撮影写真です。上の写真はルリ渓の中間地点の双龍淵です。雄と雌の龍が泳いでいる様に見えることから、双龍淵と呼ぶようですね。双龍淵の横には、休憩できる屋根付きのベンチがあり家族連れの昼食をとられていました。

DSC06285c.jpg

DSC06288c.jpg

 ルリ渓では、屋根付きのベンチが多々あるのですが、いい場所は先客がたくさんいます。秋のハイキングの季節には、人でいっぱいかな?

DSC06294c.jpg

DSC06297c.jpg

 今回の撮影も、朝10時頃にルリ渓に到着。少し遅めなので、ルリ渓入り口の駐車場は満車。ルリ渓の上流に車を走らせて、通天湖の駐車場に車を止めています。駐車場が少ないので、通天湖もダメなら、もう少し先に、ルリ渓温泉に駐車できます。ルリ渓を歩いて、ルリ渓温泉で一汗流すコースがお勧めです。ルリ渓を歩く人は少ないけど、温泉にはたくさん人がいます。

DSC06300c.jpg

DSC06301c.jpg

 通天湖前の駐車場のそばに、ルリ渓に降りる入り口がある。今回の撮影は、16mm+ウルトラワイドコンバータの広角レンズで、通天湖から双龍淵まで。そこから、24mmレンズに交換して、双龍淵から通天湖まで戻りました。(今回の写真は双龍淵以外はすべて、24mmです)

DSC06303c.jpg

DSC06305c.jpg

 こうしてブログに載せる写真を選別していると、やっぱり日差しがないと撮影に気合が入ってないのがよくわかりますね。ピンぼけとか、構図があまいですね。

DSC06315c.jpg

DSC06318c.jpg

 まぁ、写真のウマイ、下手は置いておいて、こうして三日連続で写真をみると、16mm+ウルトラワイドと24mmのレンズの差がよくわかりますね。よくわかるのが背景のボケ方ですね。てぃかの撮影開始時の絞りは4.0~5.6で数枚撮影。プレビューを見ながら絞りを開放にするか、絞り込むか決めることが多いです。

DSC06325c.jpg

 少し日差しがある時は、ちょっと、頑張った感じもあるけど、撮影にして数分ですからね。このあと、日差しが無くなって、テンションが下がる。日差しが出るテンションアップ、曇ってテンションダウンを繰り返してます。やっぱり、気持ちがアップアップしてないとダメな感じ・・・気分左右されるのはダメなんですけどね。

DSC06329c.jpg

DSC06340c.jpg

 ルリ渓は、何度通えば、ベストショットが決められるかな? 最近は撮影から遠ざかってる感じもあるので、ちょっと時間がかかりそうですけど・・・。


 では、ここからお返事です。


やよい優さん

 ルリ渓、もう一度プッシュしておきました(笑)お勧めですが、バスは行きと帰りに一本づつ・・・かなり、不便ですからカーナビ付きのレンタカーがお勧めですね。秋の紅葉が綺麗なのか?観光ガイドには書かれてますけど、自分の目で見てないので、イマイチ不明です。けど、歩くなら、涼しくなった頃がいいですよ。


応援よろしく!クリックで投票
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

 2013年DD

1 Comments

リリアスキー  

こんばんわ。 東北の豪雨被害は回避できた私です。 
いやあー ルリ渓とは比較にならない泥水で最悪ですけど。 私の所は言うほどの事はないのですが、 酷い所は酷いです。ゲリラ豪雨の拡大版みたい。休みに立ち寄る道の駅は被害にあってましたね。 がけが崩れて山肌が見えたり、電灯が曲がっていたり・・・・こんな雨、二度と御免ですね。

さて、暗い話は捨てちゃって(=゚ω゚)ノポイッ!
私の避暑地は博物館か美術館。 展示品に優しい所は、人間にも優しい環境ですからねー( ´∀`) どんなに調べても、盛岡にはルリ渓みたいな場所はナッシング!! ですから、こんな人工的な場所しか思いつきません( ̄。 ̄;)

京都は明日も38℃・・・・ソレに比べたら盛岡は33℃で涼しいですよー(^0^)/ 朝は20℃前後まで下がるし(・´艸`・) 休みが長い時は、是非盛岡に!!

2013/08/14 (Wed) 21:47 | REPLY |   

Leave a comment