月のかけら

ドール写真とオリジナル小説『月のかけら』のブログです。最近はツィッター(@teaca_twi)でも活動中ヾ(°∇°*) オイオイ

撮影前に光の方向を読んでみよう?

 こんばんわぁ~です。今週は、インフルエンザで野外撮影には一度も行けず・・・当然ですけど、やはり休日の野外撮影を趣味にしていたので、行けないのは寂しいです。

DSC01359e800.jpg

 今日紹介するのは、お正月休みの3日に撮影したものです。前編を先週紹介しているので、今日は後半戦です。アスナの晴れ着姿です。いつもながら、お正月に撮影に行けるポイントは少ないですね。今年は春頃に、もう一度、晴れ着で撮影しておきたいです。

DSC01366e800.jpg

DSC01368e800.jpg

 さて、久々に、てぃかの野外撮影の時のワンポイントを紹介です。写真撮影の時に気をつけたいポイント。人それぞれ押さえるポイントは違うと思います、てぃかが、気をつけるポイントの一番は、光回し、二番が構図、三番が被写体(ポージング)ですね。カメラは、構図にあったレンズを選択するぐらいです。最近は室内撮影が多いので、コンデジの取り回しお手軽さに、ずいぶん惹かれてます(笑)

DSC01371e800.jpg

DSC01373e800.jpg

 一番気にするポイントの光回し。撮影時の光の方向は、もちろん逆光~半逆光を選択します。逆光を少しずらして、アスナの左ほほの輪郭(または右ほほから)を照らす様な場所を、探します。絶妙にいい場所があればいいのですが、なければ、小手先のテクニック。アスナのロング髪で光を遮ったり、光の量を調整しやすい木漏れ日で日差しのほどよい量を探してます。

DSC01382e800.jpg

 光の被写体の右斜め後ろ、左斜め後ろから入る様に調整。完全に逆光になるときは、被写体のアスナで太陽を隠す様に撮影することが多いですね。完全に逆光になるときは、やっぱり、レフ板の補正が欲しいところです。半逆光ならレフ板無し、または背景を壁際に追い込めば、レフ板無しでも光が回りますね。

DSC01385e800.jpg

DSC01388e800.jpg

 光が回っている確認は、ドールアイにキャッチライトが入っているか、またはアスナの輪郭線が、白い線が浮き上がり表情が綺麗に見えるポイントを探します。レフ板を入れるときは、影を全部飛ばさずに、表情を持ち上げる様にレフ板の角度を調整してます。

DSC01380e800.jpg

 光回しは、この二年でしっかり出来る様になってきた。今年は、撮影前の事前準備。髪の乱れや、細かい服のシワとか、ポージングに気をつけて、最高の一枚に仕上げる努力をしてみたいです。

応援よろしく!クリックで投票
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

 2014年DD

1 Comments

さくらす  

てぃかさん、こんにちは~。
なんと、インフルエンザで苦しまれていたとのことで……!
復活おめでとうございます。
近所の方でタミフルが効かないインフルエンザに感染された方がいて
大変だったと聞きました^^;
てぃかさんは早めに完治されて良かったですね。

晴れ着のアスナさん、美しいです~。
撮影テクニックも凄いですねぇ。
自分はデジカメでぱぱっと撮ってるのでてぃかさん見習いたいです^^;

2014/01/17 (Fri) 16:03 | REPLY |   

Leave a comment