月のかけら

ドール写真とオリジナル小説『月のかけら』のブログです。最近はツィッター(@teaca_twi)でも活動中ヾ(°∇°*) オイオイ

暑い男のSL魂!!ヾ(・・;)ォィォィ

 おはようです。今日は、熱い男に送るSL魂です(笑) 艦隊コレクションの次の擬人化は、蒸気機関娘とかいける様な気がします。流石に機種が少なすぎるかな? 

DSC05261e800.jpg

 場所は、京都駅の梅小路公園に隣接されている梅小路蒸気機関車館です。京都水族館が出来てから、セットで見に来る人が多い場所ですね。 もうすぐ、JRの交通博物館も出来るので、蒸気機関車、電車をみるなら、梅小路となる訳です。その流れか、しっかり、梅小路公園には、昭和の京都市内を走っていた路面電車が数台設置されていました。いつの間に!!と、思えるほど、自然に置いてありました。ちなみに路面電車内は売店になっていました。

DSC05284e800.jpg

 蒸気機関車館は、旧二条城駅(明治37年、1904年なので100年経ってます)です。この建物、10年前までホントに嵯峨野線の二条駅です。歴史的価値も高い建物で、嵯峨野線の高架化によって、蒸気機関車館に移設されたものです。

DSC05283e800.jpg

DSC05282e800.jpg

 日本人は新しいものを取り込むことが、早いほうと思います。けど、昔のものを大事に出来る部分もあるのが、スゴイですよね。上の写真が駅のホーム。二条駅だった頃は、この前に嵯峨野線が走っていた訳です。てぃかも、何度か、この二条駅を利用している訳ですが、全くの記憶の彼方です。

DSC05183e800.jpg

 ちなみに、蒸気機関車館のお供は、久々のお出かけ、結菜ちゃんです。超ロングツインテールのため、スッカリ髪がボサボサです。ボサボサにならないための対策をしたつもりですが、流石に、二カ所目の撮影。多少の対策では、長時間の耐えられなかったです。

DSC05231e800.jpg

DSC05232e800.jpg

 蒸気機関車の基地、扇系車庫。今も現存する最古の鉄筋コンクリートの建物です。鉄筋コンクリートなので、ありがたみが少ないのですが、これも 1914(大正3)年ものです。建物、メンテナンスに使うクレーンなども、重要文化財になっています。

DSC05214e800.jpg

 そして、なにより主役達は、蒸気機関車です。 保存されている車両は、全部で19両。そのうち7両は動態保存車両です。全国を走ってる蒸気機関車は、この梅小路蒸気機関車館でメンテナンスを受けています。ボイラーのオーバーホールをする時は、すべての部品を解体、清掃、補修をしています。大正、明治、昭和を走り抜けた蒸気機関の技術が、今も受け継がれている辺りは、流石、日本人です。

DSC05228e800.jpg

昭和22年製造の『C61』

DSC05216e800.jpg

 大正3年に製造された『9633』

DSC05218e800.jpg

昭和23年製造の『C62』

 ちなみに、ここに着たのは、広角レンズ10mmの威力をみるためでもあります。ここに着たことがある方はわかると思いますが、通常のレンズでは、上の写真の様に蒸気機関車を一枚に収めることは出来ないのです。なぜかと言えば、扇系車庫は狭い。そして、距離をとると、柱が邪魔になったりする。距離をとらずに蒸気機関車を収めるには広角レンズがものをいいます。

DSC05192e800.jpg

DSC05191e800.jpg

 蒸気機関車と言えば、大きな円筒形のボイラーもいいのですが、やっぱり、蒸気機関車の魅力と言えば、大きな動輪です。今の電車の様に馬力のあるモータではなく、ピストンに送り込まれた蒸気で、動輪を回して力を生み出す蒸気機関車の動輪は、力の比率関係で、すごく大きいのです。

DSC05195e800.jpg

DSC05196e800.jpg

 ちなみに、40cmの結菜ちゃんと比べるとこんな感じです。鉄のかたまりの蒸気機関車は、オビツボディーとは、非常に相性がよいです。どこでも、しっかり、安定して立たせられます(笑) ※オビツボディーの足裏には強力な磁石が入ってます。

DSC05220e800.jpg

DSC05208e800.jpg

 動輪のデザインは、作ったメーカーで違うみたいですね。川崎車両、日立製作所、立山重工業、汽車製造と、今も聞くメーカーが作ってますね。この蒸気機関車、種類も多いのですが、性能のよかった機種は200台以上も作られ、日本全国を走り回っていたと思うと、ビックリします。全部あわせると数千台以上になる訳ですが、その数があっても、この梅小路蒸気機関車館の19両と全国に展示されている10数台しか残ってないのが残念ですね。

DSC05186e800.jpg

 はい、、運転席です。今の電車のアクセルとブレーキレバーのシンプルなことを思うと、蒸気機関車は、すごい複雑です。石炭をくべるボイラー室、水を蒸気に換えて走る訳で、運転手は一人では無理ですよね。石炭をくべる人と二人は欲しいところですが、実際の運転は、どんな感じだったのでしょうか?

DSC05200e800.jpg

DSC05205e800.jpg

 ちなみに、運転席はすごく小さいです。椅子に座ると頭を打ちます。やっぱり、昔の人は少し小さいです。 左右に椅子があるので二人は乗ることが出来ます。 汽車の種類によりますが、運転台が大きい汽車と小さい汽車がありました。小さい運転台だと、やっぱり一人で運転していたのかなぁ~?

DSC05202e800.jpg

DSC05223e800.jpg

 今まで、写真撮影に向かない場所でしたが、今回、撮影に使った広角10mmだと、構図の自由度が上がって、前回よりいい写真に出来た様な気がしますね。前に撮影したときは標準30mmでしたから、蒸気機関車の一部しか写らず・・・、今回は、しっかり全体を撮影出来ましたよ。

DSC05255e800.jpg


 では、ここからお返事です。

みちみちさん

 フォトコンテスト、昨年、一昨年前は秋葉原ボークスさんの廊下に貼ってありました。今年は、秋葉原ボークスさんが、ラジオ会館に移動したので、廊下は無理かもしれませんね。 今週のDDブログに出ていれば、いいのですが?


乃木大将さん

 批評ありがとうです。他の人の意見は参考になりますから、ありがたいです。 ユキノはお姉さんなので、高校生っぽいファッションは避けたのですが、やっぱり、並木道と言えば、女子高生姿がよかったかなぁ~と、思えますね。


でぃあずさん

 DDフォトコンテストのレポートありがとうです。今年は、残念ながらダメだっと・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・出来れば、秋葉原のボークスさんに張り出されているとよかったのですが・・・残念。皆さんの作品を見ていると、年々レベルが上がっている様に感じます。もっと、レベルアップしないとダメです。


応援よろしく!クリックで投票
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

 2014年Parabox

2 Comments

さかえ21  

おお~蒸気機関車!鉄道にはあまり興味ないんですが、SLは別腹です。
大正や昭和初期のモノが動態保存されているとは、いいものですね。僕は東京の新橋駅のSLくらいしか見た事ないんで、京都行く事があったら見たいです。
戦闘機や軍艦とはまた違った力強さが魅力的です!

2014/07/22 (Tue) 20:40 | REPLY |   

てんちゃん.  

おはようございます

SLって格好いいですよね~
なおかつ、建物がいいですよね~

京都って見るところ、満載ですね

2014/07/23 (Wed) 08:26 | REPLY |   

Leave a comment