月のかけら

ドール写真とオリジナル小説『月のかけら』のブログです。最近はツィッター(@teaca_twi)でも活動中ヾ(°∇°*) オイオイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

カメラ歴も丸三年を迎えました(*^ー^)ノ♪

 こんばんわぁ~です。前回はドール沼にはまってからの三年をお届けしました。今回は、その可愛い娘達を撮影する道具です。てぃかの使っているカメラは、初期の頃から、ずっとミラーレスです。最初に手に入れたNEX-3から、ずっとNEXを使ってます。何がいいかといいますと、小さくて軽いのに、写りは一眼レフな所です。

DSC00009f600.jpg

 現在のメイン機種は、2年前に手に入れたNEX-5Nです。残念ながら直系の後継機種は出ないようですね。ちょっと、残念です。極限まで絞り込んだNEX-5系統が好きだったのですが・・・、その役目は、α5100に。でも、ちょっと、NEX-5使いとしては、何かが足りない気がします。

DSC00011f600.jpg

 さて、今回もドール歴になぞって、カメラ&レンズの歴史をなぞっていきますよぉ~。まずは、右のレンズ、フィッシュアイコンバーターを取り付けていますが、右下のレンズが18mmF2.8(※クリックで大きいサイズのドール写真にジャンプします)。 NEX-3とセットで買った初のカメラです。最初は、型落ち激安でコンデジの変わりに購入したカメラです。そして、左のレンズ、こちらも初期の頃、大活躍の30mmマクロ(※ブログ公開時より大きいサイズです)です。初心者ドール撮影には最適なレンズです。そして、たまに使っている50mmF1.8(※大きいサイズなので、見えなかったものがしっかり見えます)は、玉ボケキラキラ狙いの時には、必修のレンズです。

DSC01788f600.jpg

 そして、ここからがドール撮影の本番とも言える高級レンズの投入です。流石に10万越えはないですが、右が最近のメインレンズ24mmF.18。左が風景とのあわせで使う10-18mmF4.0です。ここまでを並べてみると、

  2011年3月 NEX-3+18mmF2.8 ※使い始めは7月頃
  2012年2月 30mmマクロ
  2012年4月 ウルトラワイドコンバータ
  2012年7月 NEX-5N (NEX-3売却)
  2012年9月 フィッシュアイコンバータ
  2012年11月 50mmF1.8
  2013年7月 24mmF1.8
  2014年7月 10mm-18mmF4.0

 ドール撮影に行く様になって、ホントに色々と道具を、揃えてます。これなら、最初から良いものを買えば良かったか?と、思いますが、最初から、ここまで、しっかり撮影にしていくとは思えなかった。それを考えると、NEXシリーズの価格帯は、ありがたかったですね。

DSC00012f600.jpg

 あと、最近の室内撮影では、必修のライト、Aputure Amaran LEDライト 160灯(AL-H160) です。撮影用に色温度が調整されており、非常に綺麗に撮影できます。前回の撮影も、しっかり使っております。

DSC00013f600.jpg

 ライトには光拡散盤も付いています。最大輝度では、眩しすぎて室内撮影では、だいたい10%~20%で使っています。光の拡散範囲も広いので、1/3ドールでも全体に、しっかり光を回して撮影できます。ホットシューも付いているのでが、NEXにはホットシューは無いので、三脚穴に取り付けるフラッシュフレームを、今度買ってくるつもりです。

 LEDライトだと、フラッシュと違って、光加減を見ながら撮影できるのが、強みになります。ちなみに、最大輝度から、ライトオフまでを、撮影すると、

DSC00014f600.jpg

最大輝度

DSC00015f600.jpg

70%ぐらい

DSC00016f600.jpg

40%ぐらい

DSC00017f600.jpg

最低輝度

DSC00018f600.jpg

ライトオフ

 ライトを使うと、目にしっかりと、キャッチアイが入って、表情が生きてきますよね。人間もドールも、この点は同じですね。室内撮影では、このライトは手放せない存在になりそうです。難点を言えば、LED懐中電灯と、比べると3倍以上の価格でしょうか?

応援よろしく!クリックで投票
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

 カメラ

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。