月のかけら

ドール写真とオリジナル小説『月のかけら』のブログです。最近はツィッター(@teaca_twi)でも活動中ヾ(°∇°*) オイオイ

ススキと言えば砥峰高原(とのみね)\(⌒▽⌒)/

DSC00677f800.jpg

 こんばんわぁ~です。 今日は先週、ロケーションチェックに行った砥峰高原(とのみね)です。 ススキの穂の中で撮影がしたいなぁ~と、思っていましたが、京都市内では、なかなか、一面のススキの穂を見ることは難しい。 京都から有名所に近い場所と言えば、曽爾高原(そに)と砥峰高原です。 交通の便を考えると砥峰高原が便利かなぁ~と、思って、前回紹介した兵庫県立フラワーセンターの帰りに寄ってきました。

DSC00715f800.jpg

DSC00673f800.jpg

DSC00721f800.jpg

 場所は、兵庫県の神崎郡。京都からは中国自動車道の福崎インターを経由して、播但高速有料道路の神崎南ランプを降りて、8号線を通って寺前駅から404号線、長谷から39号線を長谷ダムの方向に行けばたどり着きます。

DSC00725f800.jpg

 ロケーションチェックのつもり行きましたが、さすがにススキの穂が大量に・・・と、言う訳にはいきませんでしたね。ちょっと、気が早かった(笑) 某放送局のドラマ、映画に使われた場所で、その点を大きくアピールしていました。 砥峰高原に着いたときは、ちょっと、期待したほど大きくないなぁ~と、思いましたが、駐車場から見えている範囲では、高低差もあって奥側まで、見えていません。 歩いてみると、結構な広さがある高原でした。

DSC00629f800.jpg

DSC00640f800.jpg

DSC00656f800.jpg

DSC00619f800.jpg

 今回、ロケーションチェックのつもりで、気楽にお出かけしたので、広角レンズを持ってきませんでした。 写真を撮影しながら、これは、広角レンズが欲しい光景ばかりでした。 高原はススキ保護のため、ほとんど、人の手が入っていません。途中、板を張った木の道は歩きやすいですが、他の道はススキが道をふさいでいて、かなり歩きにくいです。保護も大切ですが、もうちょっと、手入れをした方が良いかなぁ~と、感じました。

DSC00683f800.jpg

DSC00685f800.jpg

 広角レンズを持ってこなかったので、パノラマ撮影を代用してみましたが・・・、やっぱり、広角レンズの広がりにはかないませんね。

DSC00690f800.jpg

DSC00704f800.jpg

DSC00710f800.jpg

 10月後半線に、もう一度きてみたいと思いますが、案内板に書かれている駐車場の数をみると、観光シーズンの時期は、スゴイ混雑しそうですね。 この日は、正面の駐車場に10台程度しか車が止まっていませんでしたが、10月下旬ごろは、どの程度の人がいるのでしょうか? あまり人が多いと、ドール撮影出来ないので、ほどほどの人出を期待します(笑)

※(お知らせ)コメントのお返事は、コメント欄に移動しています。

応援よろしく!クリックで投票
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへにほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ

 2014年DD

0 Comments

Leave a comment