月のかけら

ドール写真とオリジナル小説『月のかけら』のブログです。最近はツィッター(@teaca_twi)でも活動中ヾ(°∇°*) オイオイ

ちょっと、ビックリ表現、見てきました春画展

P1300217pp800.jpg

 こんばんわぁ~です。 今日は、彼女と二人、東京で開催され、話題になった春画展に行ってきました。話題になったとは言っても、東京まではいけません。今日から京都の細見美術館で、展示されることになったので、彼女と一緒に行ってみました。

DSC_0371[1]

 あっ、話題と、ブログに載せている写真が、全然一致しませんけど、気にしてはいけません。館内は撮影禁止ですから、展示物の写真はないです。

P1300171pp800.jpg

 館内は、流石に初日ですね。この手の展示会にしては人が多くて、待ち時間が多かったです。春画は、100年、200年前の絵とは思えないほど保存状態が良かったです。色味も綺麗に残っていて、ビックリです。赤、青、肌色と昔の絵とは、思えないほど、綺麗な色が残っていました。

P1300165pp800.jpg

P1300158pp800.jpg

 そしてですね。春画ですから18歳未満入場禁止です。春画と言うと、微エロを想像していたのですが、ビックリのもろに書いてありました。男も女もバッチリです。詳細に忠実、細かくしっかり描写されていました。さらにさらに驚いたのは、男の人が大きいです。大きすぎます。誇張表現なのでしょうか?あの大きさをみていると、昔の人はすごかった・・・、と、自分に自信を無くします。

P1300148pp800.jpg

P1300123pp800.jpg

 春画の大きさも、見ているのが恥ずかしくなるサイズから、昔の人は、小さなサイズの春画を袖に隠していたのかな~とか思えるサイズもありました。江戸時代には、春画のレンタル屋さんにあったと、説明文にあったので、今も昔もエロにかける情熱は、一緒なんだなぁ~と、ちょっと、思えました(笑) あと、昔の人も、色々とチャレンジャーですね。何がって・・・、まぁ、想像してください。

P1300080pp800.jpg

 今回は、ちょっと、変わった美術館での絵画鑑賞になりました(笑) なかなか、デートコースに春画展を選ぶのは、いいのか、悪いのか、悩んじゃいますけど、大人ならいいですよね(笑)

 恋愛(//∇//)

0 Comments

Leave a comment